未分類

新型コロナの影響でTwitter社が赤字に転落!日本での広告費が減収。利用者の反応は?

米短文投稿サイトのツイッターが30日発表した2020年1~3月期決算は、純損益が839万ドル(約9億円)の赤字に転落した。

赤字は17年7~9月期以来、2年半ぶり。前年同期は1億9080万ドルの黒字だった。

以下、続きを読む

赤字になった原因とは?

新型コロナウイルスの感染拡大で経済活動が停滞し、広告主が予算を絞り込んだことが原因とされています。

主力のアメリカの売上高は8%増加したが、二番目の規模である日本での広告収入が3%落ち込んだ。

新型コロナウイルスによる自粛もあって、ツイッター上で広告を見た利用者数は1日当たり1億6600万人と、前年同期と比べ24%増えた。

Twitterの広告についての反応や意見

ツイッター使ってて思うのは、広告が非常に邪魔。誰かのリツイートかと思いき読み始めたら広告で、結論が見えずに広告サイトに誘導。

ジャニーズの違法動画が山のように転がってるし、それをいいねリツイートする連中がいるのに放置してるし、何度通報しても全く取り締まらないしね

今は在宅が多いからTwitterとかyoutubeとか見てる人が増えると思っていたから、意外…。

ブロックしてもブロックしても、次々と違う会社の広告が表示される。

広告を柱にしたビジネスモデルに傾倒しすぎたのでは。

Twitterで広告なんて、意識してみた記憶がない。もしかしたら、知らぬうちに見ているのかもしれない。けれど存在感が無い。

まとめ

新型コロナの影響で在宅ワークや、自粛中の人が増え、広告収入は増えるのかと思いきや、日本は減少という意外な結果でした。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です