新型コロナウイルス

ローマ法王が、聖職者にコロナ患者と会うよう呼びかけた結果、聖職者の67人が死亡

先月から新型コロナウイルスのパンデミック(世界的な大流行)に見舞われているイタリアで、これまでに計67人の聖職者が新型ウイルスで死亡したことが分かった。

カトリック系日刊紙「アベニーレ(Avvenire)」が25日、報じた。

以下、続きを読む

記事への反応

  • ローマ法王が、聖職者にコロナ患者と会うよう呼びかけた、「会いに行く勇気」を持つようにと。その結果がこれ。
  • コロナは悪魔では無い現象なので、聖水等は効きません。
  • ローマ教皇が、コロナ患者に会いに行くように言わなくても臨終のときの立ち合いそこで、感染した可能性のほうが高いと思います。
  • この感覚だから、イタリアで死者が多くなっている気がする。メンタリティーが非科学的、行動が、非現実的。
  • 会いに行く勇気なんて、勇気でもなんでもない。勇気というより、度胸試しです。
  • 中国政府の隠蔽とWHOテドロスの初期行動のおかげで、死ななくてもいい人たちが大勢亡くなった。 中国政府とWHOは遺族に損害賠償を払うべき。

宗教問題は難しい…

亡くなられた聖職者の方々にはお悔やみ申し上げます。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です