新型コロナウイルス

チャーター機で千葉に帰国の男性、再検査で一転、新型コロナウイルス陽性が判明

先月29日に政府のチャーター機の第1便で、中国・武漢市から帰国し、千葉県勝浦市のホテルに滞在している50代の男性が新型コロナウイルスに感染していることがわかった

男性は先月30日に検査したところ陰性だったが、今月7日に38.5度の熱が出たため、検体を採取。

翌8日に千葉県の衛生研究所での検査は陰性だったが、症状が改善しないため改めて国立感染症研究所で検査したところ、昨日陽性反応が出て、新型コロナウイルスに感染していることが判明した。

男性は帰国してからホテルに到着後、客室内に滞在していて、外出はしていないということだ。

(AbemaTV/『AbemaNEWS』)

この記事に対する反応

  • 帰国直後の検査は1回だけじゃ意味がないということか?これじゃ1回だけで解放した台湾や香港は危ないな
  • このパターンでいくと、今のクルーズ乗客やも3月4月くらいにはボロボロと陽性になってくでしょうね。日本でも、都心を中心に爆発的に増えて、第二の武漢か。
  • 潜伏期間は最長で24日とかいう報道もあるし、もう、いつどこで感染、発症するかわからない状況になるんでしょうかね?
  • もう全員感染している前提で対応していかないと大変なことになるよ。客船の客も日本人だけ下ろして全員どこかで隔離して面倒見てあげるべき
  • 本当にやっかいなウイルスだし、感染力が強いわりに重症化もする。もうお手上げ状態なのがよく分かる。
  • これは、最初の頃の新型コロナウイルス検査が上手く出来ていないことを示しているのでは?

いまだに明確な潜伏期間が判明しておらず、新型だから理解できていないことが多いと思います。

感染された方が早く治癒されることを願います。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です